電験三種 やさしい解説 (機械)  「誰でもわかる電験参考書」

初心者にはとても難かしい電験三種。 市販の参考書を読んでも、電気初心者にとってはわからないことばかりです。 これから電験の勉強を始める電気初心者の方に向けて、電験の内容をやさしく解説した「誰でもわかる電験参考書」の作成をしています

はじめに

電気関係 の仕事に就くならば必要とされることの多い資格である電験三種

 

本来は、電気のエキスパート、または電気のエキスパートを目指す人が

 

取得する資格なのでしょう

 

 

しかし

 

数学や電気の苦手な人が、受験するケースも多くあると思います

 

会社命令で仕方なく、受験する人

 

仕事で必要になってやむを得ず、受験する人

 

リストラの不安から逃れるため、受験する人

 

昇給、昇進に有利だから、受験する人

 

資格手当てのために、受験する人

 

就職に有利だから、受験する人

 

将来が不安だから、受験する人・・・・

 

その他、色々な理由で

 

電気初心者の方が、受験する場合があると思います

 

 

 

電気初心者の方が、電験三種の勉強を進めるにあたって、

 

どの参考書を選べば良いのでしょうか ?

 

 まず、参考書選びが最初の壁になりますよね

 

 

しかし

 

電気初心者の方、いきなり電験三種の参考書や問題集を手にとっても

 

挫折してしまうことがあります

 

その理由は、と言うと

 

もともとは、電気のエキスパートを目指す人々が取得する資格であるため

 

高校や大学等の 電気科 機械科、または

 

それに準じる学科を卒業している受験者が多く

 

電験の参考書も、それらの人たちに向けて書かれたものが多いからです

 

 

電気のエキスパートに向けて書かれた参考書を、電気初心者の方が読んでも

 

理解するのは難しい話ですよね

 

 

つまり電気初心者に向けて書かれた参考書は今のところ、どの書店を探しても

 

どこにも見当たらない、

 

と言う状態です

 

 

 

電気初心者でも、多少はわかり易いテキストもあるとは思いますが

 

それでも、難しくて理解できない部分は多くあります

 

そのため 

 

わからない部分を理解しようと、

 

2冊目,3冊目と参考書を買い進め

 

それでもわからずに

 

さらには

 

4冊目,5冊目と参考書を買い進めていく人も、いるのではないでしょうか ?

 

 

 

 

「誰でもわかる電験参考書」は

 

そのような電気初心者の方のために、作られており

 

基礎的な事柄から、馴染みのない専門用語まで

 

できるだけわかり易く、

 

誰が読んでも理解できるような内容になっています

 

 

電気初心者の方はもちろんのこと、

 

一度 電験を挫折した人

 

また、今にも挫折しそうな人

 

電験の参考書を見ただけで、やめてしまった人

 

電験三種は取りたいけれど、自分にはムリ、と最初からあきらめている人

 

それらの人に、ぜひ「誰でもわかる電験参考書」を使ってもらいたい

 

そう思って作成を進めています

 

 

 

 「誰でもわかる電験参考書」が、皆さんのお役に立てば幸いです

 

 

 

 

 

 「誰でもわかる電験参考書」理論